公的融資の舞台裏

メルマガ「倒産社長が伝える、経営再建の秘策」より

発行:オフィスビジネスレポート

資金に強くなる近道は
公的資金の上手な
使い方にあります



e-book
誰も教えてくれなかった
公的資金の上手な
借り方の極意
トップページへはコチラ
 
公的融資の舞台裏 


 事業をしている以上,資金との関係は非常に深くまた複雑です。
 そしてすべての結果を、金が表す数字で表現される。
 これが事業です。

 社長として、常に頭から離したくても離せないのが資金です。
 
 社長の実力の一つに資金調達力があると思いますが、
 あなたはどうですか?

 そして私の経験から声を大にして言いたいのは、
 出来るだけ銀行からの資金ではなく、公的資金、公的機関を
 うまく使う事をおすすめします。

 公的資金を簡単に言ってしまえば、
 「国が税金を民間企業に貸す事によって、事業を発展、活性化
  し、雇用の促進、税収贈を則する資金」 と言えます。

 すなわち基本的には、我々中小企業を助けるために用意された
 融資資金と考えて間違い無いと思います。

 そして、各機関の説明などは省きますが、非常に多くの使途別に
 融資が用意されており、毎年予算も多くなりつつあります。

 一般的な「国民生活金融公庫」「中小企業金融公庫」「保証協会」
 などが多く使わていますが、それ以外にも各都道府県などが
 保証を付ける融資案件など実に細かく用意されています。

 私の場合も、事業を発展さす時点で非常に多くの商品、
 また機関を使いました。

 たとえば、「金利0%で元金返済1年後より7年。」
 と言うような、設備資金。
 そして、赤字決算になっても融資が可能だった商品。

 しっかり勉強して調べれば、大変有利な融資商品が、
 非常に多くあります。

 そして、そのような融資商品を毎年予算組みしても、
 現実に紹介しきれていないのが現実です。

 なぜなら、作っている役所と実行する役所が
 違うからです。

 これが、公的資金の現状です。
 

-------------------------------------------------------
 
  国が経営する銀行 

 簡単に公的融資機関すなわち政府系金融機関を説明します。
 
 ○ 日本政策投資銀行
 ○ 農林漁業金融公庫
 ○ 商工組合中央金庫
 ○ 中小企業金融公庫
 ○ 国民生活金融公庫

 以上の五つが主な機関になりますが、上の三つは一種特殊なので
 あまりなじみが無いと思います。
 
 我々がよく利用するのが、中金と国金の二つです。

 そして、その国金の基本方針、役割を記載した「国金法」という
 決め事があります。

 その第一条に
  -----------------------------------------------------
  国民生活金融公庫は、独立して継続が可能な事業について
  当該事業の経営の安定を図るための資金、生活衛生関係の
  営業について衛生水準を高めるための資金その他の資金で
  あって、一般の金融機関からその融通を受けることを困難
  とする国民大衆が必要とするものを供給し、もって国民
  経済の健全な発展及び公衆衛生その他の国民生活の向上に
  寄与することを目的とする。
  -----------------------------------------------------
 以上のように定めれています。

 

 中金もほぼ主旨が同じで、融資規模と企業の規模が大きい
 案件を担当することになっています。
 
 以上のように「銀行の融資が受けにくい企業などに融通する」
 と書いているわけですから、思い切って資金が必要な時には
 必ず直接申し込みをして利用する事をおすすめします。

 銀行の融資をシフトしてでも、公的資金をうまく利用する事は
 経営に非常にいい結果を招くことになります。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録