こんな実務書があれば助かっていた!

誰も教えてくれななかった
公的資金の上手な借り方の極意

〜 公的融資を上手に利用する事で、こんなに楽になる方法があった 〜
特典付録
つかわなきゃ損!

お得な支援策(助成金)リスト付き

著者:メルマガ&ブログ「倒産社長が伝える、経営再建の秘策」発行人
発行元:オフィスビジネスレポート


特定商取引の表記

ブログはコチラ↓
ブログ
「倒産社長が伝える」
「経営再建の秘策」
コチラから
ちょっと気になるサイト 40歳以上中高年限定

あなたの実績や情報を電子書籍にして、自分の力で売って稼ぎませんか!
メルマガ登録コチラ

『倒産社長が伝える、経営再建の秘策。』(ID:0000147618)
読者登録解除フォー

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
情報出版ポータルサイト インフォデスク
お役にたつサイト紹介
全国信用保証協会
全国銀行協会
商工中金の
特別貸付案内
中小公庫融資制度
概要
国民生活金融公庫の
融資制度概要
中小企業庁
公的資金検索システム
社長の知恵ぶくろ
倒産の原因とシナリオ
粉飾決算というワナ
公的融資の舞台裏
事業資金を公的資金と制度融資で
資金調達する方法とは
相互リンク
SEOアクセスアップ相互リンク
相互リンクナビ!アクセスアップ支援
相互リンクドクター
相互リンクSEOでアクセスアップ
相互リンクスクエア
相互リンクサーフ
SEO対策優良相互リンク
メール共有メーラー・顧客管理ソフト
お客様の声
栃木県 増岡様より

有難うございました。
公的融資機関へは、敷居が高く感じ余り行ってませんでしたが、思い切って国金へ運転資金の相談に行きました。すると丁寧に、無担保の融資の提案をいただきました。

宮崎県 阿部様より

赤字が数年続き頼りの銀行の態度も最近急に冷たく感じ悩んでいました。
この実務書を読んで、銀行取引を数社増やし保証協会へも自分で相談に行き順調に組み直しが出来そうです。
本当に有難うございました

大阪府 大植様より

保証協会付きの借り入れを整理し一部教えていただいたように別枠の融資案件を利用することで、なんと金利が下がって月々の元金も減って、なおかつ長期設備資金の融資を受ける事ができました。
なるほど
奥義が理解できたようで大変喜んでいます。

兵庫県 宮本様より

新規分野へ進出という大義名分で保証協会へ申し込みました。ウソのように
あちらから融資案件の提案をしていただきました。
稟議書に沿った融資申込み書と事業計画書の威力はすごいです。
有難うございました。

東京都 井川様より

私は水商売関係なので、ほとんどの設備はリースを使っていましたが、月々の支払いが多く困っていました。この実務書で勉強し国
金へ設備投資(10年)の相談を進めています。
リースと比べると月々15万も違ってきます。
なんとか交渉をまとめます

東京都 西村様より

e-book何回も読ませていただきました。まず無担保融資を調べ交渉し、担保枠に余裕をもたす資金計画をたてて実行しています
本当の資金の勉強をした気がします。
有難うございました。

東京都 森川様より

倒産という経験した人しか書けない迫力と説得力に圧倒させれました
建築業界も悲惨な状況ですが、勇気をももって資金
問題に取り組めそうです。

愛知県 東様より

勉強になりました。
今まで余り資金、特に公的資金について学ぶ事がなかったので非常に大きな
自信になりました。

名古屋市 平様より

有難うございます。
私はまだ20代なので、どうも銀行が苦手でしたが、この本を読ませていただき力がつきました。
今後はこちらのペースで融資交渉に取り組んでみます。
香川県 吉田様より

保証人の件でいつも悩んでいますが、公的資金の無担保、無保証の融資と銀行融資とを組み合わせて必要資金額になるように資金計画を立ててみます有難うございました。
前が開けた気がします。

京都府 中山様より

子会社を作る計画を進めている時にこのe-bookを知りさっそく購入させて頂きました。
運転資金、設備資金含めすべて公的金融機関で調達できそうです。
銀行の担保枠を使わず無担保で新規事業進出という形で申請する事で交渉がうまく進んでいます。
稟議書に沿った融資申込み、この方法を知っただけで充分に基がとれました。
有難うございます。
 
 はじめに


 「この実務書を作成するにあたり」
  
  私はタイトルにも書いていますように倒産社長です。
  
  27歳の時に夢を抱いて独立し約15年で、年商18億ほどの会社に
  成長させることができました。

 

  しかし残念ながら44歳の男の厄年の夏に力つきて、負債8億で会社を倒産させる
  という最悪の結果を招きました。

  
  多くの人達に多大なご迷惑をかけ、もちろん責任者の私は、すべての物を失いました。
  ただ一つ残ったのは、私の苦い経験だけです。

  自分の力の無さによって倒産させてしまった事に対しては、今も毎日深い反省と悔しさが
  全身からマグマのように湧き出てきます。

 
あの時、あーしていれば・・・・・・・・・
       なぜあの時、あのような判断をしたのだろう・・・・・・・・
               あの時、あの人の話を聞いていれば・・・・・・・・
                     あの時、あの時、あの時・・・・・・・・・・・・・・・・
                            悔しさと後悔だけが残ります。
  

 

  倒産という経験によって、このホームページには書けないようなシナリオ、
  また○○スレスレの対策などがあった事を後で知りました。
  しかし今私はその事を知っていても役立たす立場ではありません。

  
  

  
私のこの苦い経験から得た知識と知恵を今がんばっている社長さんたちの
  

             
反面教師としてお役にたてる事
  

  
が出来るならば、少しは罪滅ぼしになるのではと思いこのe-bookを作成する事にしました。




  
  耳あたりのいい話をする気はありません
   
   また本屋さんに並んでいるような経理士、税理士または、銀行出身者の方々が
   出版しているようなハウツーを語る気もありませんし書けません。

   本音の話と実務の話と現実の体験談を中心に書いた実務書に仕上がっています。

   私は倒産前には非常に多く本を買い求め、必死で解決策を探し求めました。
   また、セミナーやコンサルタントの先生方にも勉強させていただきました。
   しかし、全く役にたたないと言えば大変失礼ですが、
  
   
建前論が多く本音に答えてくれる事は、余りなかったように思います。
   
   中小企業の社長のほとんどは
               
                  
  「人」 「物」 「情報」
                                      
    に対しては、すばらしい力を持っていますが、ただ
                  
                     
 「金」 「資金」
           
   となるとどうしても銀行まかせ、経理まかせが多いのが現実ではないでしょうか。
   
  
   「銀行にたよりきり、または銀行まかせ」的な考えをお持ちの社長は非常に危険です。
   
   
   
倒産の原因は、ほとんどが資金問題の失敗によるものです。
   
  

   私はこのe-bookで資金問題の解決又は改善するためには、
   
          
「公的資金を上手に使う事がいかに重大で大切な事」
  
                            なのかを実例を交えて解りやすく書いています。
   
  
 社長の一番のツライ悩みは資金問題ではないでしょうか。
   
               
その資金の悩みから開放される秘策が、
   
  公的資金を上手に使い切り自社のメイン銀行としての位置付けにする

                 
                
という考え方と方法です。
  
  その事は、第1章ー2でくわしく書いています。
  
  この事を知っているか知らないかが非常に大きな意味を持っています。
  

こんな実務書があれば助かっていた

誰も教えてくれなかった
公的資金の上手な借り方の極意

〜 倒産社長が自らの経験でまとめた実践レポート〜
特典付録
つかわなきゃ損!
お得な支援策(助成金)リスト付

e-book
PDF版

内容充実A4-37ページ
限定価格:5250(税込み
お急ぎ下さい!
残り100セット完売後
10500に値上げさせていただきます。

 目次
 
 第1章  最も借りやすいのが公的資金
  
     公的資金の舞台裏をまず理解
   ■  公的融資機関をメイン銀行にする方法
   ■  公的資金の種類別融資申込みの極意

 第2章  資金使途別申し込みで満額融資

   ■  資金使途を出来るだけ具体に書くことがコツ
   ■  資金使途と事業計画書との関係でほぼ決まり

 第3章  公的資金とリスケで驚くほど楽になる資金繰り

   ■  保証協会の直貸しが資金繰りの特効薬
   ■  据え置き交渉期間が資金繰りの極意

 第4章  これだけは絶対にやってはいけない事

   ■  無担保融資、無保証人融資の盲点
   ■  公的融資と税金との親密な関係 
   ■  あまり大きな声では言えない事

 第5章  知っているようで知らない融資交渉の落とし穴

   ■  絶対銀行の言いなりになるな
   ■  銀行と公的融資機関との親密な関係と思わぬ抜け道

 第6章  金利0%元金返済1年据え置きという設備投資

   ■  各自治体のあまり知られていない有利な公的資金色々

 第7章  売上減少で赤字転落だから申し込む公的資金

   ■  赤字決算・債務超過でも状況作りでは融資は可能
   ■  私の場合の今だから言える告白


 最後に一言・・・・・・・・
 

お申し込みはコチラ↓ ↓ ↓


>>クレジットカードでのお申し込みはコチラから<<
カード決済後すぐにダウンロード可能



>>銀行振り込みでのお申し込みはコチラから<<
入金確認後、直ぐにメールにてPDF版を添付送信致します。

(銀行振り込みの明細書をもって、領収書とさせていただきます)




あなたは資金問題、資金調達に自信がありますか?

私の知人に対等的な立派な社長が二人います。
一人は会社をあまり大きくせず、確実に利益を出し続けています。
もう一人は常に拡張、拡張で会社の規模をどんどん大きくしています。


二人の社長は全くタイプが違いますが
共通点が一つだけあります。

それは銀行に対する考え方です。

「銀行とは紳士的な顔をした、ただの金貸しだ」
「銀行ほど気をつけなければならない得意先はない」

そしてもう一つの共通点は、実に見事に公的資金(制度融資)を
使いきっています。


二人の社長は現在も
公的融資機関をメイン銀行に位置づけ余裕ある資金繰りで
経営も絶好調です。



          
 「銀行とは紳士的な顔をした、ただの金貸しです。」

   冷静に考えてみて下さい。
  
   一般の銀行は商売として御社と接しています。
   
   そして彼らは、リスクに対しては、異常な反応を示します。
   だからこそ、プロパー融資(銀行の直接貸付)は余りすすめずに、保証協会付きの融資
   ばかりをすすめてきます。
   

   
保証協会の保証が付くという事は、国が保証するという事です。
   
すなわち、これ以上安心な融資は無いということであり、
   銀行はまったくノーリスクです。

  だから銀行は保証協会付きの融資を最優先にすすめ、その上しっかりとした金利を付けてくる。
  日本の国が保証する融資の金利です、最優遇金利が当たり前です。

  
しかしこの理屈や仕組みを理解して銀行に対して強気で交渉できる社長は
  少ないのではないでしょうか。
  

資金に強くなる近道は公的資金の上手な使い方にある。

   e-bookの第1章でくわしく書いていますが、
   
   
保証協会の○○を○○○○し、交渉成立後はその案件を
   
   
各取引銀行にチラツカセ、御社が有利な条件に落とし込む。
   

   こうしてメイン銀行を含む銀行の担保枠、信用枠は後々にとって置く。
   
   こうする事で、銀行の査定表の点数も非常にいい点数評価が付き、その銀行の本店の
   融資部にはいい印象を与える事が可能になってきます。

  
 
  こういうシナリオまたは、考え方等どこの本にも書いていませんでした。

  
  
   私が何とか助かりたい、再建を成功させたいと思う気持ちの中で湧き出た知恵であり事実です。
   
   だからこそ、私がタイトルに書いた「こんな実務書があれば助かっていた」
   また、「誰も教えてくれなかった」等とサブタイトルに書いた理由です。
   
   e-bookの第1章から第2章にかけては、この大変重要な銀行に対する交渉の仕方と
   注意点をくわしく事例をまじえて書かせていただきました。


  
   そして、第1章ー3では、公的融資を申し込むにたいしての秘訣にポイントを絞っています。
  

   これは政府系金融機関の方に実際に聞いた話と、私の融資の成功事例、失敗事例を基に
   非常に細かく具体的に説明させていただいています。

   たとえば融資申込みの書類に付ける事業計画書の書き方のコツと、絶対に抜かしては
   いけない項目を指摘しています。
  
   また
「種類別申し込みの極意」として書いているのが、○○○○をうまく使うという方法です。
  

   
○○○○とは皆さんご存知のようにその時々の急に起こった
  
 経済事情に対する援助的補助的な役割をもち、
  
 また政治的にも予算を消化命令付きの融資の事です。

   このような○○○は審査が非常に通りやすいので、この事を理解した○○○○に
   仕立てる極意についてくわしく書いています。
  

  
  第2章では融資申込みで満額融資を勝ち取る方法として、資金使途別に出来るだけ
  具体的にピンポイントで申し込み、○○○○に合ったピンポイントの作成についての
  コツを説明しています。
  
  
  たとえばただ単に設備投資の融資申込みをするのでは無く、設備予定の重機備品には
  必ずコンピューター関係の性能があるはずです。
 
  よって設備資金と申し込むのでは無く、「○○設備」という形の融資申込みにし、尚且つもし
  その設備予定の重機備品になにか○○○○がほどこされているならば、「○○○○○○」
  としての融資申込みとして申請することができる事になります。

  このようにする事で融資担当者が、
 
  
稟議を上げやすく審査を通りやすくする方法があったのです。

 
  第3章ではメインテーマである
資金繰りについての方法論を書いています。
  
  
保証協会の融資と国金及び中小企業金融公庫などの融資を、
  時間差で融資を受け、据え置き期間をうまく使って1年間の
  手厚い資金繰りが組める方法について書いています。

  
  この方法と考え方を私の会社がある程度順調な時に知っていれば、おそらく倒産は避けて
  いたでしょう、
いや絶対に倒産してなかったと思います

  それだけ非常に重要な情報です。この情報を知る、知らないは社長の資金調達力の大きな
  差がつく事でしょう。
  
  
  第4章と第5章では、
絶対にやってはいけない事と非常に気が付きにくい盲点について
  書かせていただいています。
 
  この章の各項目は、私が失敗した事で知りえた貴重な情報でまとめています。

  このe-bookを作成する時の目標が、私が倒産する前に、
  「こんな実務書があれば助かっていた」と思える実務書に仕上げる事でした。

  そして、それ以上の速攻実務書に仕上げる事が出来たと自負しています。


 私からの提案です。

  ● このe-bookに沿って一度借り入れ明細を整理する事をおすすめします。

  ● 次に、公的資金(制度融資)と銀行融資とを対比してください。

  ● そして担保状況も時価にそって明確にする事をおすすめします。

  ● その後、このe-bookに沿って公的資金への借り換え、融資の贈額また場合によっては
    リスケを計画し余裕のもてる資金計画を完成させましょう。

      
社長の頭から資金問題が消えれば業績は急回復します。

                
会社とはそういう物です。

      
 その事を一番知っているのは社長のあなたです。
  
        さあ!あなたもじっくり腰をすえて上手に公的資金を使いきりましょう。



こんな実務書があれば助かっていた

誰も教えてくれなかった
公的資金の上手な借り方の極意

〜倒産社長自らの経験でまとめた速攻実践レポート〜
 特典付録
つかわなきゃ損!
お得な支援策(助成金)リスト付き

e-book
PDF版
内容充実A4−37ページ
限定価格:5250(税込み)
お急ぎ下さい!
残り100セット完売後
10500円に値上げさせていただきます。
お申し込みはコチラ ↓ ↓ ↓

>>クレジットカードでのお申し込みはコチラ<<

カード決済後すぐにダウンロード可能


>> 銀行振り込みでのお申し込みはコチラ <<

入金確認後、直ぐにメールにてPDF版を添付送信致します。

(銀行振り込みの明細書をもって領収書とさせていただきます)
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

最後に

小泉内閣の郵政民営化、官から民へという大きな流れの中で
最重要課題の中に政府系金融機関の統廃合が入っています。

我々中小企業の大きな見方である、政府系金融機関がどんどん
民間銀行のように利益重視の体制になっていく事が確実になってきました。

ここ1〜2年で大きく変わってきます。
余り時間はありません。

今の間に、公的資金を最大限に利用しましょう。
ラストチャンスです!


ダウンロードしたファイルはご購入したご本人のみでご利用下さい。
印刷物及び複製の社内配布、他人への有償除譲渡、無償譲渡を禁止します。 
>特定商取引に関する法律に基づく表記<